読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エゴシックスの妄想日記

エゴシックスの妄想日記

一人で外食できますか?【おひとりさま】レベル上げてみませんか?

本日は平成29年2月9日

 

そう、肉(肉)の日です。
ご存知でしたでしょうか。

 

ぼくは今朝知りました。
今朝、Twitterでそれを見て、なんだか無性に肉が食べたくなりました。

 

思い立ったが吉日。
肉と言えば焼肉。
大阪で焼肉と言えば鶴橋。
雨の中、鶴橋へ昼から焼肉食べに行ってきました。

f:id:egoshi-hirochige:20170209201349j:plain

ちなみに、【平日昼間】×【急遽】でしたので、
友達の少ないぼくは、当然ながら一人です。
そう、一人焼肉です。

 

一人焼肉といえば、【おひとりさま】レベルAと言われています。
十代の頃のぼくでは、一人焼肉はハードルが高すぎて、とても行けませんでした。
年を重ね、様々な出会いと別れが、このステージへ立たせてくれたのです。

 

一人で外食へ行く事が平気になって、ぼくが感じた一人で外食ができる事のメリットと、一人で外食に行けるようになりたい人へ、【おひとり様】レベルの上げ方を紹介したいと思います。

 

一人で外食できる事の3つのメリット

その1
行きたいと思った時に、自由に食べに行く事ができる!

 

f:id:egoshi-hirochige:20170209203352p:plain

 

今、すっごい食べたいものがある時、そうじゃない人を誘って一緒に行くって結構気を使ったりしません?

 

は?
ダチと行くのに何に気を使うんだよ?
俺達は固いKIZUNAで結ばれた仲間だろ?
行きたいなら素直に言えよ!
みたいな、陽キャ?な方は理解できないと思います。
すいません。

 

陰キャなんで。

 

話を戻して、
誰かと行くとなると、まずは【いつ行くか】の調整が必要だったりします。
ぼくは気分屋なんで、急に行きたくなるタイプなんで、今食べたいものを、日程調整して、【約束】にするのは、なんだか気が重くて、あまり好きじゃないんです。

 

行きたいと思った時が行きたい時。
思い立ったが吉日なんですよね。

 

食べたいものがある時に誰もタイミングが合わない、そんな時、一人で外食ができたら食べに行ける。

行きたいと思った時に、食べたいものを、誰にも気を使わず、自由に食べに行く事ができる。

これって良くないですか?

 

 


その2
一人旅を楽しめるようになった!

 

f:id:egoshi-hirochige:20170209203633p:plain

 

これは、一人で外食を楽しめるようになって、地方のあれ食べてみたいなあ、でも休みなかなか合わないしなあって時に、「そうだ、一人で行けばいいだけじゃん」って思い、いざ実行してみると、観光も好きな所に好きなペースで行けて、これはこれで楽しかったんですよね。


しかも、孤独感から人と話したくなるんで、自然と現地の方に話をする機会ができるんですよ。
そうすると、地元ならではの情報をもらったりして、旅がさらに面白くなるんですよね。


また、その孤独感がまわりの人の大切さ再認識させてくれたりと、自分を見直すいい機会にもなるんですよね。

 

旅行は、食事でも書いた【いつ行くか】の調整が本当に難しいので、一人旅が楽しめるようになった事で、パッと休みが取れた時や、LCCのセール情報キャッチした時に、すぐに決断・予約できるのも大きいですね。

 

 


その3
人の目が気になりにくくなった!

 

f:id:egoshi-hirochige:20170209204146p:plain

 

一人で外食の【おひとりさま】レベルAの一人焼肉や、AAの一人鍋は、「一人とかさみしすぎ!恥ずかしい!無理!」と、思ってましたが、慣れてくると誰も対して気にしてない事に気付きました。
で、もし気にしてる人がいても、迷惑かけてるわけでもないし、どうでもよくなりました。

 

くだらない事で人の目を気ににしないって楽ですね。
人の目を気にしすぎて生きていた人間だったので、同じような人はこの心境になると、日々の暮らしも楽になります。


同じような生き方をしてきた方には、結構ガチでおすすめです。

 


その1.行きたいと思った時に、自由に食べに行く事ができる!
その2.一人旅が楽しめるようになった!
その3.人の目が気になりにくくなった!

 

この3つが、ぼくが実際に感じたメリットです。

 



どうすれば一人外食ができるようになる?

一人で外食に行きたい!【おひとりさま】レベルを上げたい!って方にアドバイスをするとしたら、それは慣れです。
まわりの知らない人達は、誰も気にしてないんですがでも気になる。
気にしてない事を実感するだけなんで、それは慣れですね。

 

普通じゃねーかバカ、と思ったかもしれませんが、慣れやすくする為の、ステップアップ方法があるので、それを紹介します。

 

 

 


STEP1 レベルD
ファストフードやカフェ

 

これは結構【おひとりさま】も多いし、結構簡単にできると思います。
まずは勇気をもって行ってみてください。
何回か誰かと行った、勝手がわかっているお店にしておきましょう。
勝手がわからないとパニックになって帰りたくなってしまいます。

 

 

 

STEP2 レベルC
ファミレスや中華のチェーン店

 

料理を待っている時間に耐える事がポイントですね。
最初は携帯をずっと見ておけばOK!

ATフィールド全開で心を守りましょう。

何回か行けば余裕が出てくるので、料理の待ち時間に周りを見渡したりして、「お、あれおいしそうじゃん、次はあれを頼もう」と考えながら、プロっぽさを出しましょう。

 

 

 

STEP3 レベルB
居酒屋や小料理屋


レベルがグッと上がりますが、レベルCをクリアしてきたあなたなら大丈夫です。
お酒を飲まない人は、ちょっとしんどいかもしれませんが、ぼくはノン・アルコールのウーロン茶でクリアできました。
だから大丈夫です。

 

一見での来店は避けましょう。

ここも、先に誰かと行って下見をしてから行く事をお勧めします。

 

チェーン店は避けましょう。

若者がウェーイ!とやっている事が多いので、下手するといじられます。

 

携帯はあまりいじらず、壁にあるメニューを見ながら「あれはどんなのだろう」とか考えながら過ごします。

 

注文も一回でまとめて終わらせず、何回も小出しにすると良いでしょう。
ポテサラ・コロッケ・ポテトフライと、芋ばっかりにを注文しても良いかもしれません。


「あちゃあ、しくじっちゃった」と心の中で呟いて、一人で楽しみましょう。

ひとり飯誰気にすることなし
ごちそう食って反省してる馬鹿もなし、です。

 

 

 

STEP4 レベルA

焼肉


ここまでくればもう大丈夫でしょう。
勇気をもって一人で入るだけです。

ランチで行く事をお勧めします。
ランチメニューで【おひとりさま】は意外といます。

 

レベルを上げるには、ランチメニューでなく通常メニューをガンガン注文しましょう。
人間火力発電所の如く、はふはふ・むしゃむしゃ食べて下さい。
うおォン」と心の中で叫べば勢いが出ます。

 

 

 

 

さいごに

まあ、外食は圧倒的に人と行く事の方が多いし、人と行くのは好きです。
ただ、選択肢が増えた事で、今回書いたようなメリットを感じる事ができて、世界が広がりました。


できなくても困らないし、できる必要でもない事ですが、一人で外食ができる事で楽しめる事もあるので、興味があれば、ぜひ試してください。

 

 

いつも一人はさみしいので誰かごはんに誘ってください。

 

孤独のグルメ (扶桑社文庫)

孤独のグルメ (扶桑社文庫)